包茎は病院での手術で改善可能

体の成長と関係性のある包茎

性器の成長は身長の成長と似ています。体が大きくなるため、性器も大きくなります。体の成長と共に性器も大きくなるため、亀頭が豊富で覆われていたとしても、いずれは包皮から亀頭が見える状態になります。しかし、包皮が長かったり、体の成長が早く止まってしまったりなどの場合は、亀頭が十分に成長できなかったため、包茎の状態になります。包皮の長さや体の成長は個人差があるため、包茎になる者とそうではない者が存在しています。

雑菌が溜まりやすい包茎

包茎になると雑菌が溜まりやすい状態となります。雑菌が溜まる理由は、包皮内の湿りが原因です。亀頭と亀頭を覆っている包皮の間は、常に湿っている状態です。湿っている状態が長くなると、雑菌が発生します。亀頭が露出していれば、湿ることがないので雑菌は発生しません。雑菌が発生して溜まりやすい状態は、恥垢や臭いに注意が必要です。恥垢は臭いの原因となるため、発生を防ぐためには性器を清潔な状態に維持する必要があります。

病院の利用は包茎の改善に効果的

包茎を改善したい時は、自身で地道に剥き癖を付けます。しかし、包皮が長い場合は、剥き癖を付けても包皮が亀頭を覆ってしまう可能性があります。長くなっている包皮を解消するためには、病院の利用が効果的です。病院を利用することで長い包皮を切除し、剥けている状態の亀頭を実現可能です。包皮の切除は手術を意味しているため、自身で剥き癖を付けることで改善する方法とは異なります。そのため、手術を受ける際は、まず疑問や不安な点を全て解消することが大切です。

包茎とは、陰茎の亀頭に皮が被っている状態です。普段は皮が被っているが手で剥くことができる仮性包茎と、全く剥く事ができない真性包茎があります。真性の場合垢が溜まり炎症を起こすので手術が推奨されます。

Related posts