BCP対策というのは意外とやることが多いです

やれることからやるべきです

BCP対策というのは、意外とやれることがあります。要するにこれは事業継続計画ということであり、そして、上手くすればかなりスムーズにできるようになります。事業というのは常に様々なリスクに見舞われているといってよいでしょう。具体的にいいますとテロや災害などです。ですから、それらに備えておいて、起きた時にすぐに復旧できるように計画書を作っておくのが大事です。マニュアル通りに動けばそれでよい、という体制を作り上げておくことです。

いきなり始めるのではなく

いきなり計画を立てるのではなく、重要であるのが少しでも早い行動です。その為にフローチャートを作ることが重要になります。言うまでもありませんが、これによって少しでも事業をやり直すことができるようになるのであればとてもメリットが大きくあるといえます。大規模災害があった場合、どうしても一時的には事業を中断せざるを得ないです。少なくとも関係各所、取引先に関して連絡をすることができるようにしておくとよいでしょう。

BCPに関する目標とは

中央防災会議において、大企業はすべて、そして、中小企業おいても半数以上がBCP対策が出来るように、という目標がつけられていました。計画として出来ていたとしてもそれが運用できるのかどうかは別です。日ごろからの訓練が大事ではあるのですが、なかなか実行できることではないです。ビジネスとして時間を費やす、というのは決断するのが難しいからです。災害訓練などもその一つではありますがあまり高度なことはできていないのが実情です。

日本は自然災害が多い国です。大規模な災害が起きた時の企業がとる対策がBCP対策です。損害を最小限に抑え基幹となる活動を継続するための計画をたてて、企業としての社会的役割を果たすことを目指します。

Related posts