知らない人が多い?EMC試験について紹介します

EMC試験とは電子機器を作る際にするテストのこと

EMC試験というのは、妨害電波に対する耐性がどの程度あるのかというテストのことです。電子機器を開発する際には、このテストが欠かせないものとなります。あまりにもEMC試験の成績が悪いと、その商品は使い物にならないということで、発売することができなくなるケースもあります。特に最近は部屋の中に様々な電子機器があるものですから、それらと干渉をしてしまうような製品は堂々と売りに出すことはできません。電波のせいで十分な性能が発揮できないと、不良品扱いされてしまう世の中だからです。

EMC試験には二種類に大別される

実はEMC試験には、大きく二つの種類があります。自分自身が発する電波に対する耐性をチェックするエミッション試験と、自然環境や周辺の電子機器が発する電波に対する耐性をチェックするイミュニティ試験の二つです。このどちらに対しても一定の成績が残せないと、使えない製品だということで、開発のやり直しになります。また、その他どの程度人体に害をなす電波を発しているのかというチェックもすることがあり、こうしたテストをクリアしたものしか、販売はできない時代なのですね。

EMC試験への注目度は今後も高まる可能性がある

昔は、EMC試験への関心もそれほど高くはありませんでした。しかし最近は電子機器の高性能化によって、様々な弊害が生み出され続けています。今後はさらに、こうした試験への興味も増して行くことが考えられます。現状においても、世界的な規格が次々と発表されていて、基準が明確になりつつあります。今後は少しの妨害電波も出せなくなる時代がやってくるかもしれませんね。対策は面倒ではありますが、繊細な電子機器を快適に使うためには必要不可欠なことです。

EMC試験とは、電子機器などが、その機械の内部や外側から、何らかの妨害電磁波を受けたとき、不具合が発生しないかを確かめるためのテストのことです。電磁両立性試験とも言われています。

Related posts